ひがん祭のご案内

日時 平成27年9月23日(水・祝) 午後4時より

場所 篠座神社境内

【行事日程】

午後4時  祭礼

午後5時  おひがんJAZZライブ

どうぞ皆様お揃いでご参列下さい。

※午後4時半過ぎ 飯降山山頂に沈む夕日

ご参拝の皆様へ

環境保全活動

篠座神社境内には、市街地近郊にもかかわらず様々な生物が生息・来訪しています。

現在、この大切な環境を守ろうと地域の皆様によって保全・美化活動が行われています。

貴重生物の採取、野鳥などの捕獲はご遠慮下さい。

また境内・湧水地への許可のない車の乗り入れや、その他の境内を荒らす行為(砂利のまきちらし、ペットの糞尿など)は固く禁止しています。

何卒、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

篠座神社社務所

平成27年6月30日(火)夏越大祓

夏越大祓(なごしのおおはらえ)

日時 平成27年6月30日(火)午後7時30分より

場所 篠座神社境内

6月30日は、正月から数えて、ちょうど半年を迎える節目の日となります。 この神事では、半年間のうちに知らず知らずのうちに積み重なった罪穢れを祓い清めます。

人形記入例

「神事当日の流れ」

一、神事時刻前迄に、配布しております「人形(ひとがた)」に氏名・年齢を記入し、息を吹きかけ身体をなでて、災厄をうつします。

二、人形は納め所(受付)にお納め下さい。その際、茅の輪を授与します。

三、神事にて大祓詞奏上、参列者・人形をお祓い致します。

四、霊泉にて人形を流し清めます。

初穂料 ひと家族 千円

 

どうぞご家族お揃いでご参列いただき、これから迎える夏本番を心身ともに健やかにお過ごし下さい。

平成27年4月20日(月)、21日(火) 例大祭

平成27年4月20日(月)、21日(火)

20日(月)宵宮祭

21日(火)午前10時より 春季例大祭

※20日、21日、いずれかに獅子舞保存会による里神楽が奉納されます。時間帯は午後7時半頃を予定しています。※日程が決まり次第、ホームページでお知らせします。

 

※里神楽の奉納は、4月20日 午後7時半からです。

祈年祭・ひがん祭のご案内

平成27年3月21日(土)

祈年祭・ひがん祭(春分祭)を執り行います。

 

祈年祭 午前11時

ひがん祭 午後4時

※太陽の飯降山山頂への到達は、午後4時半過ぎです。

福もちまきのご案内

平成26年12月31日、午後11時半 除夜祭

平成27年   1 月  1 日、午前0時 巫女による神楽奉納

              午前0時半 福もちまき

            午前7時  歳旦祭

子供たちのお正月の楽しみといえば「お年玉」ですが、

本来は「年魂(としだま)」と書き、年の魂である丸い餅のことをいいました。

(※「年」は稲を意味し、お米の採れる周期を「一年」と考えました)

神様のお力を得て育ったお米。そのお米で作られたお餅を正月にお供えし、

そのお下がりをいただくことで、年の魂をもらい一つ年をとると考えられてきました。

篠座神社では、奉納米で作られた丸餅を神前からお下げし、年男らが拝殿から「福もち」としてお撒きします。

縁起良き「お年魂」をいただかれ、新たな年を目出度くお重ね下さい。

 

※元日より、新年祈祷(家内安全・厄除等)を受けております。

詳しくは、篠座神社社務所までお問い合わせ下さい。

(篠座神社社務所 電話 0779ー65ー1455)

平成27年 神宮大麻・篠座神社神札をおまつりしましょう。

新年を迎えるにあたり、神宮大麻(伊勢神宮の神札)、篠座神社神札をお頒ちしております。

神棚には伊勢神宮の神札「神宮大麻」と、越前大野の産土神としてご崇敬頂いております篠座神社の神札をお祀り下さい。

※授与所不在の場合は、参道左手奥の社務所までお越し下さい。

平成27年 新年祈祷・厄除祈願のご案内

新年祈祷・厄除祈願を受け付けております。お待たせする場合もございますので、事前にご予約下さい。

※「きざさぬ先に厄祓」。厄除祈願は、一月一日から二月三日頃までにお受け頂くことをおすすめしています。

平成27年 厄年表(数え歳)

男   性

平成4年生まれ  24歳(前厄)  平成3年生まれ  25歳(本厄)  平成2年生まれ  26歳(後厄)

昭和50年生まれ 41歳(前厄)  昭和49年生まれ 42歳(本厄)  昭和48年生まれ 43歳(後厄)

昭和31年生まれ 60歳(前厄)  昭和30年生まれ 61歳(本厄)  昭和29年生まれ 62歳(後厄)

女   性

平成10年生まれ 18歳(前厄)  平成9年生まれ  19歳(本厄)  平成8年生まれ  20歳(後厄)

昭和59年生まれ 32 歳(前厄)  昭和58年生まれ 33歳(本厄)  昭和57年生まれ 34歳(後厄)

昭和55年生まれ 36歳(前厄)  昭和54年生まれ 37歳(本厄)  昭和53年生まれ 38歳(後厄)

平成26年10月10日 眼の祈願祭

平成26年10月10日(金)午前10時より

「眼の祈願祭」を執り行います。

「篠座目薬」と謳われる「篠座神社のご霊泉」のご神水に感謝し、

眼病平癒の祈願を行います。

平成29年 御鎮座1300年

平成29年は白山開山1300年にあたり、篠座神社御鎮座の年でもあります。

篠座神社の古記によれば、養老元年(717)泰澄大師が白山登拝の道中に林泉(篠座)にお立ち寄りになられ、篠座神社をご創建されたと伝えられます。

福井藩士が弘化四年(1847)に書いた『白山行程記』には、

『朝の内は、城下町内をそれぞれ見物に行き、中でも城下を一里ほど離れたと思われる所に、篠座宮の社があった。境内は三丁余り(三三〇メートル)もあるだろう。両側に松杉が生い立って、清い清水もあり、とても佳い風景である・・・』 (『口訳 白山行程記 幕末の白山登山紀行』 著者 村井加代子 より一部抜粋)

等々、白山登山を終えて、大野城下町見物で篠座宮に訪れる当時の様子が記されています。

奥越前(大野市・勝山市)に参拝・観光の際には、どうぞお立ち寄り下さい。 

大野鳥瞰図(固定ページ)

『福井県鳥瞰図』(吉田初三郎)より