「福もちまき」のご案内

日時 1月1日 午前0時半より
場所 篠座神社境内
子供たちのお正月の楽しみといえば「お年玉」ですが、「年魂(としだま)」とも書き、年の魂である丸い餅のことをいいました(※「年」は稲を意味し、お米の採れる周期を「一年」と考えました)。
神様のお力を得て育ったお米。そのお米で作られたお餅を正月にお供えし、 そのお下がりをいただくことで、年の魂をもらい一つ年をとると考えられてきました。
篠座神社では、奉納米で作られた丸餅を神前からお下げし、年男らが拝殿から「福もち」としてお撒きします。
縁起良き「お年魂(としだま)」をいただかれ、新たな年を目出度くお重ね下さい。
※元日より、新年祈祷(家内安全・厄除等)を受け付けております。
混雑する場合もありますので、事前にご予約ください。
(篠座神社社務所 電話 0779ー65ー1455)
未分類カテゴリーの記事